2017年12月16日

麻雀格闘俱楽部Spでとりあえず黄龍目指す!! 8日目(part2) 『蝶のように舞えなかったが蜂のようには刺せた』

皆様、こんにちは。




まっはです。





『麻雀格闘俱楽部Spでとりあえず黄龍目指す!!』




の8日目のpart2になります。




今回紹介するのは4日前に行った10回の対局のうちの1つとなります。





題して、





『蝶のようには舞えなかったが蜂のようには刺せた』




です。






20171209_235702.jpg
(対戦よろしくお願いします)







<東一局>



20171209_235716.jpg
(配牌です)

起家。ドラは二筒:麻雀王国


出来面子なし。役牌の対子もないので和了するにはなかなか厳しそうです。せっかくの親なんですけどね・・・。






20171209_235752.jpg

3巡目です。対面が早くも東:麻雀王国西:麻雀王国をポン。


これはヤバそうですねぇ。河からは染めているのかどうかもわかりません。困りました。


私は3巡で形にはなってきましたが、三索:麻雀王国七索:麻雀王国の辺張がキツい・・・。






20171209_235803.jpg

4巡目です。対面が發:麻雀王国をポン。


私はテンパイまでまだまだ時間がかかりそうです。ただ他家が副露をしているのでテンパイしているかどうかもわかりません。まぁとりあえずは自分の手作りを進めていきますか。






20171209_235834.jpg

7巡目です。私が対面に放銃。ってもうテンパイしてたんすね。下家が2副露をしていたので無理して索子で染めなったのでしょうか。やはり段が高い方は上手いですね。






20171209_235838.jpg

発のみの1,300でした。親は落とされてしまいましたが安かったのでヨシとしましょうか。






20171209_235843.jpg

まだ始まったばかりです。次の局に期待しましょうか。








<東二局>



20171209_235853.jpg
(配牌です)

西家。ドラは一筒:麻雀王国

出来面子はありませんが、ドラの一筒:麻雀王国が2つもあり端っこの牌ばかりなのでチャンタ系を狙えってことなんでしょうか。ただ三麻ってチーができないのでチャンタって不利ですよね・・・。






20171210_000000.jpg

6巡目です。私はあの配牌からリャンシャンテンになりました。早く白:麻雀王国中:麻雀王国をポンして攻撃態勢に移りたいのですが、他家はなかなか捨ててくれません。


早く白:麻雀王国中:麻雀王国捨ててくれよーなんて思っていたら対面がリーチ。


ちくしょーこれからって時に・・。






20171210_000015.jpg

8巡目には下家までもが追っかけてきました。安牌などないのでもう放銃覚悟で手作りを進めますよ。






20171210_000035.jpg

10巡目です。なんとか白:麻雀王国をポンすることに成功。これでイーシャンテンです。三筒:麻雀王国を捨てて一索:麻雀王国一筒:麻雀王国白:麻雀王国のどれかを面子にできたら満貫以上です。


頼む三筒:麻雀王国通ってくれ・・・・。






20171210_000038.jpg

ところが三筒:麻雀王国は対面の当たり牌でした・・・・。ちくしょー。






20171210_000045.jpg

リーチ、一盃口、ドラ2の満貫。待ちは三筒:麻雀王国の辺張待ち・・・。私対面の当たり牌を2つも持っていたんですね。






20171210_000051.jpg

この放銃でトップの対面との差は20,000点になりました。まぁでも20,000点なら射程圏内です。次の局の配牌に期待しましょ。








<東三局>



20171210_000101.jpg
(配牌です)

南家。ドラは六索:麻雀王国


出来面子はなし。てか今回は配牌に恵まれていませんね。ツモ牌に期待するしかありません(今日何回言ってんだかw)






20171210_000208.jpg

6巡目です。なんとかリャンシャンテンになりました。まだ他家の動きはありません。






20171210_000236.jpg

8巡目です。他家が動きだしました。


まずは下家は中:麻雀王国をポン。河からすると筒子で染めているかもしれません。


対面は一筒:麻雀王国をポン。役牌の東:麻雀王国發:麻雀王国が見当たらないので誰かが握っているのでしょう。






20171210_000236.jpg

9巡目です。下家が対面に放銃。私はまたしてもテンパイできずに終わってしまいました。






20171210_000259.jpg

混一色、発の7,700。八筒:麻雀王国単騎待ちでした。






20171210_000305.jpg

これで対面との差は27,000程になりました。ソロソロ和了しないと対面にトップ取られてしまいます。







<東三局1本場>



20171210_000316.jpg
(配牌です)

西家。ドラは一筒:麻雀王国

出来面子は1つ。ようやくこの対局で出来面子のある配牌になりました(遅えーよ)。何とも方向性が見えない配牌です。風牌の南:麻雀王国をポンするか悩むところではあります。とりあえず1枚目はスルーしますが、そんなことしている暇はあるでしょうか。






20171210_000418.jpg

6巡目です。イーシャンテンです。形にはなってきましたが打点は低そうです。他家の動きはありません。






20171210_000433.jpg

8巡目です。7巡目に対面がリーチ。って対面調子いいなぁ。一応安牌はありますが、今回も私は和了することはできないのでしょうか。







20171210_000439.jpg

9巡目に対面がツモ和了です。ん~今回もテンパイすらできていません。


今更ですがこの配牌なら下家が1巡目に捨てた南:麻雀王国をポンしておくべきだったということでしょうか。咄嗟の状況判断って難しいですよね。まぁ結果論ではあるんですが。






20171210_000446.jpg

裏ドラものって、リーチ、ツモ、ドラ3の満貫。






20171210_000451.jpg

この和了でトップとの差は45,000点になりました。これはヤバいです。早く対面を止めないと・・・。







<東三局2本場>



20171210_000506.jpg
(配牌です)

西家。ドラは八索:麻雀王国

出来面子は1つ。今までで一番いい配牌ですので何とか和了したいところです。無理して索子で染めるつもりはありませんでした。






20171210_000535.jpg

3巡目です。下家が一索:麻雀王国をポン。私の手作りが進むまで待っててくださいよー。結構いい手できそうなんですから。って染めるつもりはないといいながら筒子で染まっているのはツモ牌が良かったからですよw






20171210_000600.jpg

6巡目に対面がリーチしましたが、それが下家の当たり牌でした。下家が対面の連荘を止めてくれました。


って放銃はしましたが、対面の調子良すぎでないですか。テンパイ速すぎですよ。






20171210_000611.jpg

混一色、白、ドラ2の満貫です。待ちは三索:麻雀王国六索:麻雀王国九索:麻雀王国の三面待ち。


私は筒子で染める感じになっていたので、もしかしたらそのうち放銃していたかもしれませんね。って私この対局でまだテンパイすらしてないのですが・・・・w







20171210_000615.jpg

とりあえず対面の親は終わりましたが、対面との差は37,000点に。次は私の親番ですので是非いい配牌でお願いします!








<南一局>



20171210_000625.jpg
(配牌です)

私の親番です。ドラは七筒:麻雀王国


出来面子は1つです。なかなか悩む配牌です。索子で染めて打点を上げるか、それとも筒子を捨てずに早上がりを狙うか・・・・。ツモ牌と相談しながらせっかくの親番を無駄にしないようにしたいと思います。






20171210_000712.jpg

6巡目です。索子で染めることにしました。下家は筒子で染めていそうな感じですね。






20171210_000755.jpg

10巡目です。この対局で初めてテンパイしましたwいや~長かった・・・・。


待ちは嵌二索:麻雀王国ですが、和了できればリーチ、清一色、イーペーコーのBA☆I☆MA☆Nです。ここは対面からロンしたいところです。


ただ下家がツモ切りとは言え二筒:麻雀王国を捨てているのでもしかしたらテンパイしているのかもしれませんね。でもリーチしていないからテンパイしてないかも?






20171210_000837.jpg

14巡目です。下家が私に放銃しました。


違うそうじゃないんだ。対面からロンしなきゃ意味ないんですよ・・・・。



数え役満にでもならなきゃ逆転することはできません。






20171210_000845.jpg

残念ながら裏ドラはのらずBA☆I☆MA☆Nどまりでした。


このBA☆I☆MA☆Nで下家はハコテンになり、天に召されていったのでした・・・・。






20171210_000855.jpg
(対戦ありがとうございました)





とりあえずラス回避はできましたが、どうせだったら対面から和了りたかったなぁ。まぁでもビリだとオーブを1個失ってしまいますので、結果オーライなんでしょうな。



今回の対局ではテンパイがたったの1回しかありませんでした。確かに配牌はよくはありませんでしたが、状況を考えて副露をしていかないと高段者の方々に太刀打ちできないかもしれませんね。そういう意味ではとても勉強になった対局でした。







ちなみに8日目で五段に昇格しました。



20171210_002236.jpg

これからは六段に昇格するための闘いとなりますが、今回の反省を踏まえて悪い配牌にも対応できるようにしていきたいです。






今回はここまでです。では、また!

posted by まっは at 01:24| Comment(0) | 麻雀格闘倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

youtuberのヒカル君とラファエルとマックスむらいのトランプ対決が非常に面白かった!!

皆様、こんにちは。




まっはです。






先日ヒカル君の動画で、『天才詐欺師は誰だ!?マックスむらいとラファエルでライアーゲームをしてみた』という動画がアップされました。







この動画はヒカル君とラファエルが、マックスむらいさんの誕生日を祝うためのゲストとしてニコニコ生放送にゲスト出演をしたときの動画です。




この動画非常に面白かったです。復帰後の動画の中では一番面白かった!




動画内ではヒカル君とラファエルとマックスむらいさんがトランプの「ダウト」で対決をします。動画の最初の方のビリビリの機械のほうのダウトではなく、中盤のガチのダウトのほうを観てほしいのですが、カード対決になるとヒカル君はほんと強いですよね。




カード対決をしているときのあの真剣な表情ですよ。獲物を狙っている猛獣のような表情というか、いつも動画内で見せている温和な表情とは全く違いますよね。




ダウトでわかっているのは自分の持っているカードの情報だけです。運に任せたダウト宣告は自分にもリスクがあるのでダウトを一度も宣告しなかったのでしょうが、まぁ一度くらいはダウト宣告してほしかったなぁ。



ラファエルとマックスむらいさんはまんまとヒカル君の空気に飲まれてしまって、ヒカル君がおそらく違う数字を捨てているときにダウトを宣告できない状況でした。あの場は完全にヒカル君が支配していました。




まぁでもヒカル君がビジネスで成功しているのはこういうところなんでしょうね。常に先を見据えてリスクを負わないように行動しているのはさすがです(VALUの件はアレでしたが)。私はヒカル君のこういうところが好きです。







そういえば昔にアップされた動画で、店長や禁断ボーイズとトランプ対決をするのがありました。













このときもヒカル君がすべて勝利しています。トランプのような心理戦をやらせたらヒカル君の右に出る人っていないんじゃないでしょうかね。





関係ないですけど、最近ラファエルのトークが面白くなったような気がしませんか?今回アップされた動画は正直ラファエルが盛り上げましたよね。休止期間中にトークの勉強でもしたのでしょうか。





今回はここまでです。では、また!
posted by まっは at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

約4ヶ月3人麻雀を打ち続けて思うこと『三麻を打ち続けていく!!』

20171027_114623.jpg20171112_140938.jpg
(決めた!私は三麻を打ち続けていく!)






皆様、こんにちは。




まっはです。







現在、麻雀格闘俱楽部Spでは4人打ち麻雀のイベントが行われています。基本的にはイベント卓で麻雀を打っていきたいと考えているのですが・・・・。








何かが違う。私が求めているのはここにはない・・・。








違う、そうじゃない








私はどうやら3人打ち麻雀しか打てない体になってしまったようです・・・・。




私は長い間4人打ち麻雀しか打ってきませんでした。3人打ち麻雀の存在は知っていましたが、運の要素が高くなるという話を聞いて敬遠していたところがありました。3人打ち麻雀なんて邪道だとずっと思ってきました。3人打ち麻雀なんて打つつもりなど毛頭ありませんでした。




私が3人打ち麻雀を初めて打ったのが「麻雀ツモツモ」というアプリでした。




当時youtuberのヒカル君とのコラボイベントがあったんです。ただしそのイベント卓は3人打ち麻雀だったんですよね。




どうしてもヒカル君のアバターがほしかったので、しぶしぶイベント卓にて3人打ち麻雀をプレイしたみたところ・・・・






いきなり四暗刻で和了・・・・。





そして満貫、跳満、倍満で面白いように和了出来ました。





有効牌が4人打ち麻雀と比べ物にならないほど集まってくる様はまさに圧巻でした。





そしてそれ以降、3人打ち麻雀のギャンブル性の高さにどっぷりと浸ってしまいました・・・。





このブログを始めたのも、3人打ち麻雀にハマってしまったからといっても過言ではありません。それくらい私にとって3人打ち麻雀は衝撃的なものでした。




ですが、3人打ち麻雀ばかりを打っていると(特に負けが込んでくると)4人打ち麻雀が恋しくなってきます。ですがいざ4人打ち麻雀を打つと、あの地味な展開が我慢できなくなってくるんですよね。





私の体は役満を求めているようです・・・・。





休止期間も含めると、私は20年以上麻雀を打ってきていますが、実際に卓を囲んで役満で和了したのはたったの2度だけ(四暗刻と大三元)です。




ですが、三人打ち麻雀を打ってからの四ヶ月で役満で和了したのは10回あります。




三人打ち麻雀では役満なんかたまにでるんだから、そんなの役満回数にカウントするなよ、って声も聞こえてきそうですが、三人打ち麻雀であろうが役満は役満です。




三人打ち麻雀を打ち続けていたら、下手したら一生のうちでお目にかかることのできないかもしれない、天和や九連宝燈なども出会えるかもしれません。



三人打ち麻雀を打ち続けていたらすべての役満で和了することができるかもしれません。




役満で和了することはすべての麻雀打ちの方々の夢であり、目標であることは間違いないと思います。私だってそうです。






てことで決めました。





私はネットやスマホアプリで麻雀を打つときは三人打ち麻雀オンリーで行こうと思います。
(ドラマティックな展開のほうが記事にしやすいですしね)




ですので、麻雀格闘俱楽部Spや麻雀ツモツモで4人打ち麻雀のイベントがあっても私は3人打ち麻雀を打ちます!打って打って打たおしたいと思います。








そしていつの日か夢である九連宝灯で和了ってみせますよ(迫真)。


posted by まっは at 13:44| Comment(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする