2018年02月12日

麻雀格闘俱楽部Spでとりあえず黄龍目指す!! 37回目『大逆転の三倍満!?』

皆様、こんにちは。




まっはです。





『麻雀格闘俱楽部Spでとりあえず黄龍目指す!!』




の37回目になります。




今回ご紹介する対局は前回の対局の続きになるのですが、約一か月ぶりの対局になります。


実はこの対局の前に一局行って1位になっています。ですが1位になった対局のスクショを撮るのを忘れてしまいましたw久しぶりの対局でしたのでブログの記事にすることすら忘れてしまいました。どうも、ごめんなさい(_ _)


前回3位になったクソ対局から本を読んで勉強したりプロの方の対局などを見て多少は上達したつもりです。でも本や動画の麻雀って4人打ちのものばかりなんですよね。


てことで4人打ち麻雀は上達したと思いますが、三麻に関しては全く変わってませんwww


今まで通りの通常運転になりますので、どうぞ温かい目で見てくれればと思います。





20171223_012702.jpg
(対戦よろしくお願いします)



今回の対戦者は黄龍の方々です。ってか前から気になっていたんですけど黄龍専用の上級卓があるのに、なぜ黄龍の方々って上級卓でプレイしないんですかね?上級卓は場代が高いからでしょうか?それとも・・・






<東一局>



20171223_012711.jpg

私の親番です。ドラは九萬:麻雀王国


出来面子は1つでターツが3つ。ドラもなく打点も低そうですので發:麻雀王国をポンして早く和了する方向で進めていきます。






20171223_012807.jpg

8巡目です。


下家が東:麻雀王国をポン。河からすると筒子で染めていそうな感じがします。


対面は8巡目にリーチをかけてきました。


私はイーシャンテンです。ただ打点が低いので無理してツッパりません。しばらく回し打ちをしますがダメならオリようと思います。






20171223_012839.jpg

12巡目です。下家が九筒:麻雀王国をポンしました。これで筒子の混一色でなかったら凄いなと思いますが、さすがに混一色を狙っているでしょう。


私はこの時点でオリていますが手持ちの索子がなくなってきました。でも対面の待ちがわからないので索子ばかり捨てるわけにもいきません。


果たしてオリきることができるのでしょうか・・・。






20171223_012933.jpg

この局は結局南極流局になりました。って下家はテンパイしてなかったんかーい!


対面は四索:麻雀王国七索:麻雀王国待ちでした。和了っていれば満貫でした。






20171223_012939.jpg

親番で和了することはできませんでしたが、ここは我慢です。次の局は和了れるよう頑張ります。







<東二局1本場>




20171223_012946.jpg

西家です。ドラは二索:麻雀王国


出来面子は1つでターツが4つのリャンシャンテン。ターツの形がいいので早めのテンパイが期待できそう。ただ打点が低いのがアレですが。






20171223_013018.jpg

4巡目です。早くも他家が動いてきました。


下家が白:麻雀王国、対面が南:麻雀王国をポンしてきました。早い巡目ではありますがツモ切りがほぼないのでまだテンパイしていないだろうと予測します。


私はイーシャンテンです。ただ打点がないのでドラの二索:麻雀王国がほしいところです。






20171223_013048.jpg

20171223_013052.jpg

9巡目に下家が対面にダイレクトアタックです。白、ドラ2の5,800。待ちは三索:麻雀王国六索:麻雀王国でした。


前回の記事でもそうでしたが、私は今回の局でも打点を上げるために三暗刻を狙って5巡目に五筒:麻雀王国をツモ切りしています。他家がポンして早和了を目指しているのですから、五筒:麻雀王国ではなく一筒:麻雀王国を切ってテンパイ速度を上げるべきですよね。


少しでも上の順位を目指すためには、もっと場に対応して打っていかないといけないですよね。反省です。






20171223_013057.jpg

下家との点差はまだ7,000LPです。前の局のミスを引きずらず気持ちを新たにして次の局へGOです。







<東二局2本場>



20171223_013106.jpg

再び西家です。ドラは中:麻雀王国


出来面子は1つありますがターツが厳しい。1枚しかないドラの中:麻雀王国をいつまで温めているか悩みます。






20171223_013138.jpg

5巡目に早くも親の下家がリーチをかけてきました。私はテンパイまでまだ時間がかかるので回しながら打っていきますが、無理ならオリますよ。


親のダイレクトアタックは怖い・・・。






20171223_013145.jpg

20171223_013153.jpg

次の巡目で下家が一発ツモ。リーチ、一発、ツモ、平和、ドラ1の満貫。待ちは二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国でした。


まぁこれはしゃーないですね。次行きましょ、次。






20171223_013158.jpg

この和了でTOPの下家との差が約30,000LPになりました。さすがに下家に3連荘はさせたくないので、何とか次の局は和了しないとなぁ。







<東二局3本場>



20171223_013207.jpg

再び西家です。ドラは五索:麻雀王国


出来面子は1つでターツが3つ。ターツは微妙ですがドラ3なので打点は十分。テンパイは時間がかかりそうですが何とかこの局は和了したい!






20171223_013306.jpg

8巡目です。対面は白:麻雀王国をポン。下家は南:麻雀王国をポンしてきました。ただ下家は三元牌も風牌の可能性もないので索子の混一色でしょうか。


私はリャンシャンテンですが他家のスピードについていけなさそうです。






20171223_013313.jpg

20171223_013317.jpg

10巡目に対面がツモ和了です。白、ドラ2の4,000。待ちは二索:麻雀王国五索:麻雀王国八索:麻雀王国でした。






20171223_013323.jpg

とりあえずTOPの下家の親は終わりましたが、今回もテンパイすらできませんでした。我慢が続きます・・・。







<東三局>



20171223_013329.jpg

南家です。ドラは一索:麻雀王国


出来面子はなしでターツが3つ。かなり厳しい配牌ですが、風牌の南:麻雀王国があるのが唯一の救いです。文句を言っても始まらないので地道に頑張ります。






20171223_013411.jpg

5巡目です。早くも下家が東:麻雀王国八筒:麻雀王国をポンしてきました。筒子で染めてなさそうなので何を待っているかわかりません。


私はあの配牌からリャンシャンテンになりました。






20171223_013504.jpg

12巡目です。下家、対面ともあれから動きはありません。下家は巡目以降ツモ切りが多いのでもしかしたらテンパイしているかもしれません。


私はテンパイしたのでリーチしました。九萬:麻雀王国南:麻雀王国のシャボ待ちです。


後半になって九萬:麻雀王国がまだ場に1枚も切られていないと雀頭にされている可能性があるんですよね。南:麻雀王国は私の風牌なのでわかっている方は切らないかもしれませんね。もう少し早い巡目でリーチできれば他家にダイレクトアタックできたかもしれませんね。


ってまだ残り牌はある。諦めてはダメですね。






20171223_013525.jpg

20171223_013531.jpg

14巡目にツモ和了です!裏ドラものってリーチ、ツモ、ドラ2の満貫です!


この対局で初めて和了しました。我慢した甲斐があったってもんです。






20171223_013537.jpg

この和了でTOPの下家との差が14,000点になりました。次は私の親番です。連荘させて下家との差を縮めたいところです。







<南一局>



20171223_013546.jpg

私の親番です。ドラは發:麻雀王国


出来面子は1つありますがターツが2つで厳しい配牌です。打点は高くなくてもいいので役牌を作ってスピードを上げたいところですが・・・。






20171223_013631.jpg

7巡目です。下家がリーチをかけてきました。


私はイーシャンテンです。下家の待ちなどわからないのでツッパりたいと思います。






20171223_013642.jpg

20171223_013646.jpg

9巡目です。下家が私にダイレクトアタック。リーチ、ドラ1の2,600。待ちは一萬:麻雀王国東:麻雀王国でした。


一萬:麻雀王国を待たれてしまったらしょうがないです。打点が低かったのでまぁヨシでしょう。


いや、親番で和了できなかったからヨシではない!






20171223_013652.jpg

こうも簡単に親番を落とされてしまうとショツクですよね。せめてもう1回くらいは和了したかった。







<南二局>



20171223_013659.jpg

西家です。ドラは一索:麻雀王国


出来面子なしのターツが3つの非常に厳しい配牌です。4人打ち麻雀のような配牌に少し肩を落としてしまいましたが諦めませんよ。勝つまでは。







20171223_013728.jpg

5巡目です。下家が九筒:麻雀王国をポンしてきました。しっかし下家はよく鳴きますねぇ。


よく面前派か鳴き派かなんて議論がありますが、皆さんはどっち派ですか?



私が昔通っていた雀荘のおっちゃん達は私が鳴くと、


「小鳥がピーチクパーチクうるさい。」


なんて冗談を交えながら文句を言ってきたもんです。面前じゃなきゃ男じゃないとか鳴くのは女々しいとか、誰がそう決めたんだってこっちが文句を言ってやりたくなるもんですが、なんで鳴くのってなんでイメージ悪いんですかね?おそらく早く和了されてイライラしているだけなんでしょうけど。



もとい、TOPで親の下家に連荘されては困るのでこっちも早く攻撃態勢をとりたいのですが、テンパイはまだ時間がかかりそうです。






20171223_013844.jpg

15巡目です。六筒:麻雀王国中:麻雀王国をポン。


下家も対面も河が索子だらけなので筒子で染めているのでしょうが、対面は七筒:麻雀王国を切ったあたりテンパイしているかもしれませんな。


私はテンパイはキツそうなのでオリることにしました。幸い索子がたくさんあるので大丈夫でしょう。






20171223_013919.jpg

ラス1です。形式テンパイを狙って五筒:麻雀王国をポンしましたがテンパイならず。


ちなみにこの後対面が下家にダイレクトアタックしましたがスクショを撮るのを忘れてしまいました。


和了までの経緯を話しますと、対面が八筒:麻雀王国を打牌 ⇒ 下家が八筒:麻雀王国を大明槓 ⇒ 嶺上開花ならず一筒:麻雀王国を打牌 ⇒ 対面がダイレクトアタック!


とこんな感じであります。






20171223_014012.jpg

混一色、対々和、中の満貫でした。待ちは一筒:麻雀王国三筒:麻雀王国






20171223_014018.jpg

1位の下家とは20,000、2位の対面とは7,000の差でオーラスを迎えます。どうかTOPの下家に役牌がありませんように・・・・。







<オーラス>



20171223_014030.jpg

南家です。ドラは九萬:麻雀王国


出来面子はありませんがターツは悪くないです。TOPを取るためには下家に跳満でダイレクトアタックするか、倍満をツモる必要があります。ドラが九萬:麻雀王国で使いづらいので筒子で染めることを視野に入れています。






20171223_014109.jpg

8巡目です。ありがたいことに他家にまだ動きはありません。


私は清一色リャンシャンテンまできました。二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国が切られたらポンしたいところなんですが、それだと跳満止まりなんですよね。できれば倍満以上がほしいので面前ですすめたいところ。






20171223_014129.jpg

11巡目です。ごっついのがテンパイしました( ゚Д゚)!!待ちは一筒:麻雀王国四筒:麻雀王国です。



ただBA☆I☆MA☆Nにするにはリーチが必要なんですよね。本当はダマテンで闇討ちしたかったんですけどね。



さぁ攻撃準備は整いました。私が1位になる条件はツモるか、下家にダイレクトアタックするかのどちらかです。三倍満なら対面にダイレクトアタックでもOKです。


一筒:麻雀王国四筒:麻雀王国はそれぞれあと2枚ずつあります!和了チャンスは十分にあります。頼むでーー!!











ホントタノムゥ・・・・・














と・こ・ろ・が・・・・・












20171223_014212.jpg

な、なんと対面にダイレクトアタックとなってしまいました・・・・。



これでは私が1位になれなーい(´;ω;`)





いやいや諦めるのはまだ早い!残り0でのダイレクトアタックなので海底がつきます。裏ドラが2枚のれば三倍満で大逆転です!!





さぁ裏ドラはのったの?どうなの?













20171223_014221.jpg



裏ドラ1枚だけだった(´;ω;`)









20171223_014231.jpg
(対戦ありがとうございました)




今回の対局はオーラスで見せ場を作ることができただけ良かったのかもしれませんね。BA☆I☆MA☆Nがテンパイしてリーチをかけたときは、「下家放銃すんなよー、下家放銃すんなよー」と念仏を唱えていましたw



でもオーラスはアツかったなぁ。久しぶりに興奮してしまいました。他のボードゲームではこのようなドキドキを味わうことはできませんよね。さすが麻雀です。私はやはり麻雀が大好きです。






今回はここまでです。では、また次回です!!

posted by まっは at 01:16| Comment(0) | 麻雀格闘倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください